From:森山 宙

 

先日、めっちゃダイレクトに聞かれて

ちょっと笑ってしまったことがあります。

 

それは・・・

 

「起業して嫌だったことってありますか??」

って質問。

 

そりゃもちろんありますよ^^;

 

でも言われてちょっとハッとしました。

だって、ネット上の起業をオススメするほとんどの人が、

マイナス面を明らかにしないですものね。

 

ではその役は僕が担いましょう^^

 

起業のメリット・デメリットを知ったうえで、

あなたの将来を決めて欲しいから!!

 

起業のデメリット

サラリーマンの頃にはない、ちょっとした寂しさを感じることがある

 

僕は完全に慣れたし、今は無くなった感覚です。

 

起業してしばらく、

サラリーマン時代にはなかった、

ちょっとした寂しさを感じます。

 

特に一人起業した人や、

大手企業や公務員だった人は

その寂しさを強く感じるようです。

 

割とサラリーマン時代も単独行動が多かった僕ですら、

起業して、社長と呼ばれるようになってから

ちょっとした寂しさを感じることがありました。

 

その寂しさの正体はなんだと思います??

 

それは

 

この2つ原因です。

① 決断するのも経営するのも自分だけ。

② 従業員はお友達にはなれない。

 

けっこうな人数、雇用するようになってからも、

寂しさを感じることがありました。

それをもとに分析した結果です。

 

決断する時、起業家は一人で判断します。

そうしないと失敗するからです。

 

よく見かけるのが、友達と起業した人のほとんどが失敗します。

なぜかというと、決断をみんなでシェアしたいから。

でもそれは無理なんです。

 

必ず失敗します。

そしてみんなで決断しようとすると、

トラブルが起きます。

 

なぜなら周りが反対しても、

自分が正しいと思えば

前に進まなくてはいけないからです。

 

かっこいい生き方でしょ^^

 

でも、このように一人でやれる

自由度がある反面、

慣れないとそこに寂しさの

原因が隠れています。

 

 

 

そして従業員について。

もちろん信頼しあう関係です。

 

でも友達関係にはなれません。

頭で分かっていても、

心では友達のような関係でいたいですね^^

 

でもそうしないほうが、うまく物事が流れます。

 

さらに従業員は、

同僚という存在でもありません。

 

あなたは起業家、社長です。

 

だから、彼らと同じ立ち位置に

いるわけにはいかないし、

同じ立場になれないのです。

 

これにもちょっとした慣れが必要です。

 

従業員を雇うと、覚悟ができます。

一歩成長した起業家になれます。

 

その重荷を心地よくなってくると、

さらに上のステージに上がれます^^

 

そうすると、寂しさではなくて、

喜びを感じられるようになります。

 

結論として、この一時期の寂しさは、

成長の過程の一つでもあるんです。

 

その先に、もっといい人たちとの出会いがあります。

 

だからこの一時の寂しさは

大きなデメリットではないのです。

 

この寂しさをどう克服する??

 

だいぶ先に書いてしまいましたね^^;

 

この寂しさは成長の過程です。

 

そしてこの寂しさを克服する

一番の薬をまとめると、

売上をあげて、

起業家として成長することにあります。

 

友達や同僚から得られる関係より、

もっと高い次元の関係性を持つことができます。

 

それが大きな喜びに変わります。

 

そしてあなたの起業家としての

器と経験が一気に高まります。

 

もちろん初めから

寂しさを感じないヒトもいます。

 

また、稀に寂しさを強く感じる人がいます。

もしそうでしたら、

自分より成功している人に教えを請うてみたり、

成功者の音声を聞いてみるといいですよ。

 

この寂しさは、

起業家としてのステージが上がれば

すぐに消えていきます。

 

もっと砕けた表現で言えば、

起業センスが上がれば無くなります。

参考記事:起業センス測定からわかる、あなたがいま、起業するべきか否か

 

だからこそ、成長の過程なのです。

 

そのさきの素晴らしい出会いや、

喜びを楽しみにしていてくださいね!

 

ちょっと気をつけたい兆候だけ覚えておこう

 

ちょっと気をつけたい傾向だけ覚えておきましょう。

 

寂しい時期に、

その寂しさを他のもので補おうとしてしまうこと。

 

例えば・・・

 

寂しいから、飲み歩く。

寂しいから、キャバクラ三昧(単純に好きなら仕方ないけど)。

寂しいから・・・・

 

これはよくない兆候です。

 

これにかかってしまって、

脱出できないと、

あなたの起業家人生がそこで終わってしまいます。

 

このブログを読んでいるあなたなら大丈夫だと思います。

 

きちんと起業して、しっかり経営していれば、

そうそうダークサイドに落ちるものではありません。

 

でも自分の器を大きくすることを忘れずに。

儲け一辺倒だけに囚われてしまうと、

ダークサイドに陥りやすいみたいです^^

 

うん、起業センスあげよう!

 

自営業のワナにハマると後悔の元になる。

 

色々な記事で、取り上げていますが、

自営業のワナにハマってしまうと、

起業したことを後悔します。

 

僕も結構長い間、このワナに捕まっていました。

その時は、ビジネスを楽しむなんて出来ませんでした。

参考記事:僕のプロフィールと信念

参考記事:ビジネスマインドの罠〜あなたの成功と幸せを阻むもの〜

 

自営業のワナってどんなこと??

 

自営業のワナについてご説明します。

 

これは会社の仕組みの中に、

どっぷり自分を入れてしまうことです。

 

よく社長自ら店頭に立っていたり、

社長自ら陣頭指揮をとって

事業を動かしたりする姿って目に浮かびますよね??

 

これを日常的に行なっている。

これが自営業のワナなのです。

 

一見すごくいい会社のように見えます。

社長が熱心。

 

対局にある、オーナー社長は世間的に批判すらされます。

社長が無関心で、会社に行きもしない。

遊んでばかりいる。

 

とか・・・。

でも自営業型の社長さんは、

会社を潰します。

 

しかも自営業型の社長さんは

めちゃくちゃ忙しいです。

 

これが自営業のワナです。

 

ではなぜ、自営業型の起業家や社長さんは、

会社を潰してしまうのでしょうか??

 

なぜ自営業型社長は会社を潰すのか??

 

自営業型の社長は

なぜ会社を潰してしまうのでしょうか??

 

10年を超えて継続出来ている

会社は立ったの4%とよく言いますね。

 

これは国税庁の調査から出た数字です。

 

これはある真実を表しています。

96%の会社を潰してしまった社長は、

自営業型の社長なのです。

 

自営業型の社長は仕組みの中に、

自分を入れています。

 

情報化社会の入り口に私たちはいます。

今までにないほど、

事業スピードも上がっています。

 

先日売れっ子だった商品も、

次の日には売れなくなってたりします。

 

そのスピードについていくためにも、

社長は身軽でなくてはいけません。

 

すぐに業態すら変えられるように、

日々可変的で、進化し続けるのです。

 

出社しない社長が、自分の器を大きくすることや

新しいビジネス創出に力を入れていれば、

そうそう会社は潰れません。

 

ところが、仕組みの中に

どっぷり浸かっている自営業型社長さんは、

既存ビジネスの形に囚われてしまいます。

 

変わりたくても、変われないのです。

だって自分もビジネスのパーツになって

余裕がないから。

 

危機を悟った時には、もう遅いのです。

 

納得できました??

 

僕は自営業のワナに囚われていました。

そしてビジネスの危機のとき、

本気で辛い思いをしました。

 

でもオーナー社長になってから、

もうその不安はありません。

 

収支もオーナー社長になってからの

方がいいのです。

 

社員が育ちますから。

 

この自営業のワナにかかると、

幸せ感ゼロです。

なんのために起業したのかわからなくなります。

 

だからあなたはオーナー社長になる、

正しい道を歩んでくださいね!!

(でも世間一般的には、

自営業型社長がいいと言われています。

その常識のウソに囚われないように!!)

 

オーナー型社長になると、

とたんに起業して良かったと思えるようになります。

 

そして人生がとても楽しくなりますよ!

 

この自営業のワナ、

覚えておいてはまらないようにしてくださいね!!

 

起業のメリット

経済的・金銭的自由が得られる

 

基本的に、成功すればするほど

起業のデメリットって無くなります。

 

そしてあなたの起業が成功すれば、

経済的な自由が手に入ります。

 

サラリーマンの時には考えたことのない

収入を手に入れることができます。

 

僕も、満足いく車。

大好きなセカンドハウス。

嫁に犬2匹。

 

セカンドハウスで撮った写真↓↓↓

犬2匹

 

幸せです。

 

起業の良さはそこですね。

会社員で、ここまで稼ぐのはほぼ無理です。

 

しかもいつも言いますが、

「起業とその成功は簡単」です。

 

しっかり起業のための勉強をすれば、

起業は特殊技能ではないのです。

 

スポーツで今から頑張ってもなかなか

町内一位すら不可能なのに、

起業はすぐに達成できます。

 

サラリーマンで、

トップにはなることはほぼ不可能なのに、

起業は成功できます。

 

成功確率が実は高いのです。

 

しかも収入が高い。

僕はサラリーマンにはなれません。

 

時間的自由が手に入る

 

これはオーナー社長になってからですが、

時間的自由が手に入ります。

 

出社するもしないも、あなたの自由です。

 

むしろ出社してはいけません。

あなたの時間が奪われるだけです。

 

あなたは存分に自分のやりたいことや、

自分の器を大きくすることや、

ビジネスチャンスを見つけることに専念してください。

 

もちろん旅行や、家族とのひとときも大切です。

 

そこからビッグビジネスが生まれます。

 

あなたが自分の時間を自由に使うために

ビジネスを起こしたのですから。

 

あなたにその権利があります。

そして、その自由な時間は、雇っている社員がいれば、

社員たちのためでもあるのです。

 

いつでも、あなたのビジネスモデルが古くなったら、

新しく作り変えてしまえばいい。

 

あなたにはその行動の自由すらあるのです。

 

行動と決断の自由

 

だいぶ書いてしまいましたが、

行動と決断の自由もあなたにあります。

 

誰の空気を読む必要もありません。

 

ただひたすらに、信じた道をいけばいいのです。

 

こうるさい上司はもういないのですから。

 

そんな自由、一度味わうと、

二度とサラリーマンには戻りたくないですね^^

 

まとめ

 

今回は、

「起業して嫌だったことってありますか??」

という質問に触発されて、

この記事を書いてみました。

 

あまりネットには出ていない、

生で感じた起業のデメリットを明らかにしました。

ただ、そのデメリットは成長の過程で感じるだけのものです。

 

あなたの起業が成功すると、

デメリットをまったく感じなくなります。

 

そして成功するとともに一気に増える、

起業のメリットもお話ししました。

 

僕の結論として

サラリーマン時代より今がずっといいです。

 

今はデメリットを感じることは全くありません。

デメリットは起業家として

成長途中に感じるだけのものです。

 

あなたにもそうなって欲しいです^^

 

「起業とその成功は簡単である」

きちんと手順を踏めば、その成功は簡単です。

 

そして起業後のオーナー社長への道を忘れずにいれば、

あなたはいろんな自由を手に入れることができます。

 

だってこんな僕でも手に入れることができたんですから^^