From:森山 宙

自宅デスクにて

 

起業するときに、

どんなことを学び、

どんな心構えでいたらいいのか。

 

起業家として11年経ちましたが、

多くの方を見てくるなかである共通点と

ある種の成功法則がわかってきました。

 

起業を成功するためには、

実は学びのプロセスがあります。

 

そしてそれをおさえることで、

成功の確率が飛躍的に上がります。

 

スポーツ選手になることや、

あるテクニックを極めるより、

実は起業する方がよっぽど簡単なのです。

参考記事:僕のプロフィールと信念

 

11年前もし知っていたら、

起業時の苦労はなかっただろうな。

という知識や心構えです。

 

 

起業前のあなたにはぜひ知ってほしい!

もし起業後だとしても、

これを知ることでより良い状態で起業家になれる。

 

今日はそんなお話をしていきたいと思います。

 

起業する前に学ぶべきこと

 

 

では早速、

何から学んでいけばいいのかを明らかにしていきましょう!

 

起業のためのマインドセットを学ぶ

 

起業を成功させるために。

とても大切なのが、

マインドセットです。

 

「またか」と、あなたは

 

新しく買ったゲームがつまらなかった時のような

残念感を持ったかもしれません。

 

確かにマインドセットは

退屈な話になりやすいです。

 

退屈だから、

なかなか読む気に

なれないことも理解できます。

 

ですが全ての本に、

マインドセットの項目が

あるのはなぜでしょうか?

 

マインドセットは、

よく羅針盤に例えられます。

 

船を航海するとき、

羅針盤がないと航海できませんよね。

 

そしてその羅針盤が1度でも

間違った方向を示していたら・・・・

とんでもないところに行ってしまいます。

 

ビジネスも同じです。

しっかりした方向をみながら、

進むことが大切。

 

だからマインドセットは大切なのです。

 

でも勘違いしないで欲しいことが

ひとつあります。

 

明確な未来を見ることができ、

その通りに進めるかどうか、です。

 

答えは、未来を予測しながら動きますが、

実際はトライ&エラーを繰り返していきます。

ようはもがきながら進むわけですね^^

 

でも方向は間違えない。

嵐が来ても、風が強くても。

そのための羅針盤です。

 

それがマインドセットの大切さ。

 

今日は基本的なことを、この記事でおさえておきますね^^

 

起業前に必要な3つのマインドセット

① お金のマインドセット

② 人へのマインドセット

③ 時間へのマインドセット

 

どれも、知らないで起業すると、痛い目にあいます。

 

それぞれについて解説していきます^^

 

起業前に必ず必要な3つのマインドセット

① お金のマインドセット

 

お金へのマインドセットてなに??

と思うかもしれません。

 

これがないと、

ある一定以上の売上が上がらなくなります。

マインドストップがかかるとよく言われます。

 

実は、森山もその病にかかりました。

それが、お金のマインドセットがないことによって、

自ら一定以上稼がないようにしていました。

 

不思議な話のように感じるかもしれません。

潜在意識のなせる技です。

これが、多くの社長さん、起業家が陥る罠なのです。

そのマインドストップの正体は何か・・・・。

 

それは、小さい頃から、

「成金はだめ」とか、、、

「お金より幸せが大切」とか、、、

(真理ではありますが、マインドセットを間違えると大変な阻害要素になります。)

「あいつはガメツイ奴だ」とか、、、

お金に対する、ネガティブな要素が

小さい頃から植えつけられてしまうのです。

 

稼ぐということ、一つについても同じです。

 

よく、稼ぐためには

苦労しなくてはいけないという価値観があります。

正しい面もあるのですが、

ほとんどの方は間違って捉えています。

 

正しくは、ある一定ラインを超えたら、

稼ぐために努力をしてはいけない。

 

という真実があります。

 

正式には、自分で稼ぐという

行為を行なってはいけないのです。

 

この話は、長くなるので、別途解説していきます。

 

もし、お金へのマインドセットをより細かく勉強

したいなら、

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

がオススメです。

 

そして、お金について、

誤ったマインドセットを持っていると、

こんな過ちも犯します。

 

ライバルより、

安くていい商品であれば売れる。

そんな勘違いをしてしまいます。

 

これを行ってしまうと、

あなたの会社は何年ももちません。

大手に負けます。

 

「安く販売すれば、お客様のためになりますよね??」

 

と考えがちです。

でもこれが大きな誤りです。

 

「高価格のものを販売してあげることは、

実は消費者にとっていいことなのです。」

いい例は、ベンツやBMWでしょうか??

買った方の満足感、半端ないですよね^^

 

安く販売することで、

あなたの商品は、

その程度のものと消費者から認知されます。

 

一度売れても、次のリピートがないのです。

 

高価格のものは、

リピート率が上がる傾向があります。

 

そして、粗利も高くなるので、

経営の安定につながります。

 

ちょっとしたマインドセットの違いで、

大きな差が出ます。

 

もう一つ、マインドセットの例で、

売ることをためらわないこと。

 

お金のマインドセットが悪いと、

売ることをためらいます。

 

いい例が先日ありました。

アウトレットで

高級ブランドのスーツを買いました。

 

アウトレット用に

作られたものではなくて、

プロパー製品だったので、

本当にお得な買い物でした^^

 

その時の、店員さんの対応です。

 

対応そのものはパーフェクトです。

 

でも、ビジネスを行なっている

僕からしてみたら、

ちょっと残念に思いました。

 

それは何かと言うと、、、

クロスセルしなかったからです。

 

「クロスセルって何??」

 

クロスセルとは、

この商品も一緒にどうですか??

 

ということです。

 

これは強力な販売戦略です。

 

強力なだけでなく、

相手の足らないものを

予測して提案してあげるだけ。

 

「ご一緒に〜はいかが??」

 

その一言をいうだけ。

ラクチンポンです。

 

断られてもいいのです。

 

ただ、そのお客さんが、

もし買わなかったとします。

 

そのお客さんが、ある時、

あなたが提案した商品が

必要な場面に遭遇しました。

 

、、、、どうです??

 

ああっ、あの時店員さんの

言う通りに買っておけばよかった。

ってなりませんか??

 

そしたらまた、あなたのお店にきますよね^^

 

そういうことなのです。

リピートにつながるし、売上につながる。

 

何せ、役に立つ情報でしたし、

買う買わないの

選択肢が自分なので恨まれない。

 

いいこと以外ないのです。

 

このように、

マインドセットの違いで、

大きな差が出ます。

 

「えっ、これってテクニックじゃないの??」

 

マーケティングを知っている方は、

そう言うと思います。

 

でも、テクニックではない

部分が多いです。

 

これを自然と実践できるかどうかは、

実はマインドセットが成否を分けます。

 

なぜ、アウトレットの店員さんは、

クロスセルしなかったのか??

 

売ることをためらったんですね^^

 

提案しようとして、

引っ込めたことを、

僕は見逃しませんでした^^

 

売ることに、

罪悪感持ったことありませんか??

 

僕はがっつりありますよ^^

 

価格戦略もそうです。

 

罪悪感から、

値上げできないのです。

それだけの価値のある商品を

扱っていても。

 

だから、経営危機になるんです。

自分のマインドセットだけで。

 

なんでここまでこんなことを言うかって??

 

それは、自分が苦労したから。

先人たちが、たっぷりそのことを伝えています。

でも分からなかったし、

勉強不足のまま、

走っていて気がつかなかった。

 

これから起業するあなたには、

基礎の基礎だけでも押さえておいて欲しい。

そう思っています。

 

経営危機は、どんな順調な企業にも訪れます。

それを超えて、成長していくものです。

 

僕の会社も、以前、単価減の憂き目にあって、

年間2000万近い減収を経験しました。

 

初めは、大苦戦していたのですが、

このマインドセットを知り、

売り方を変えました。

 

そうしたら、半年以内に、

あんなに苦労していた売上アップを

達成してしまいました。

 

138%もの改善。

 

おそるべし、マインドセット。

 

実際、事業をはじめないと

実感できないことが多いと思います。

 

でも、心の片隅においておいてください。

 

このマインドセットがあるだけで、

あなたの会社は、順調に成長していけるでしょう^^

 

② 人へのマインドセット

 

人へのマインドセットに

ついてお話しします。

 

自分が、目標している人物の一人に、

加藤将太という人がいます。

 

せどりから起業というと、

怪しげなイメージになってしまいますが、

しっかりした起業家です。

 

なんと、IQ148以上の人しか入れない

Mensaの会員であり、

かつMBAも持っている。

それだけでもすごい。

 

ですが、その当時は、

人なし、金なし、実績なしの

普通のお兄ちゃんからスタート。

そして、初年度1億円以上売り上げました。

 

多い月は月商で4600万円ほど、、、、

 

しかもせどりをシステム化して。

 

せどりって、会社化のイメージ全くないですよね^^

やってること、ブックオフでのせどりですから^^

 

でも、それを達成している。すごすぎです。

 

そして自分の出社時間は、3時間以内。

ここに、人へのマインドセットが隠されています。

 

日本人の気質は独特で、

一緒に汗をかいてくれる社長さんが好きな民族です。

 

社長さんが、社員に気をつかい、

神様のような経営をする。

そんな幻想が蔓延している国です。(いいすぎ??)

 

確かに、経営本など読むと、

そんなこと書いてありますね^^

 

その経営本の通りにやると、

何が起きるか・・・。

 

たぶん、あなたは経営者

やめたくなると思います。

 

そして、めちゃくちゃ忙しく、

自分がいないと会社が回らない病になります。

 

この病は、重病です。

この病になったが最後、

社員を育てることが難しくなります。

 

なぜでしょう??

 

ヒトは頼りたい生き物です。

スタッフは、社長さんに頼りたいのです。

お客さんも、社長さんから直々にサービスを受けたいのです。

 

だって、VIPな感じするでしょ^^

 

社員が頼り、

お客さんにも頼られる構造が続くと、

スタッフは成長しなくなります。

 

問題解決をあなたに頼るようになるのです。

 

でも、その病を知らないと、

成長する会社は作れません。

 

時代の流れも、加速しています。

 

昔は、企業の寿命が30年とかありました。

その中で、社長と社員は

家族のような関係を持っていました。

 

社員の教育期間も10年とかかけて、

教育することができました。

 

働き方も、今だと考えられないくらいの

ブラックが当たり前でした。

 

信じられなければ、聞いてみてください。

70〜80代の人とか、の働いていた時間。

 

完全に過労死レベル超えてます。

その時代に、ちょっと思いやったら、

思いやり経営ですよね^^

 

その差を知らなくてはいけません。

 

そして、今の会社の寿命は長くて7年です。

どんどんサイクルが早まっています。

 

それでは、ヒトの雇用はどう変わってきたのか。

どういう雇用をしていけば、

会社はうまく回るのか。。。

 

それは、1ヶ月で即戦力になれるシステムを作らないと、

会社は生き残れない時代になりました。

 

社長さんが、一緒に汗をかいていては、

そのスピードに乗り遅れます。

あくまで、プレーヤーは社員なのです。

社長さんが仕組みに入った時点で、

会社の成長は鈍化するのです。

 

これが起業家の働き方を含めた、

ヒトへのマインドセットです。

 

このような起業家の形や、

働き方を自分が知っている限りの、

最先端の起業家はしています。

 

その中で、一番内容濃く、

説明をしてくれているのが、

加藤将太さんのセミナー。

学んで、得以外のものなし。

ある意味必須の知識です。

ご興味があれば、下のリンクをクリックしてください。

参考LP:次世代起業家育成セミナー

 

③ 時間へのマインドセット

 

そして、時間へのマインドセットについて、

お話ししたいと思います。

 

実は、人へのマインドセットの際に、

一部触れています。

重なる内容が多くなります。

 

なぜなら、

ヒトは時間で構成されているからです。

 

人生は、時間の流れです。

これを有効活用しなくてはいけないことに、

異論はないでしょう。

 

ですが、社長さんや起業家の時間は、

果てしなく不足しています。

 

ヒトを雇用して、働いてもらってからが、地獄です。

 

勘違いしないで欲しいのですが、

社長さんが楽になるために雇用しているのです。

社長さんの仕事の一部を

担ってもらうために雇用しているのです。

 

ですが、多くの従業員が、

わからないことを社長のあなたに聞いてきます。

 

あなたは、その時間(ほんの数秒であっても・・・)、

あなたの仕事を止めて、注意をスタッフの方に向けます。

 

そして、一言指示を出します。

 

これって、大したことないじゃん。

 

と思うかもしれません。

でも大きな問題なのです。

 

人が集中するのに、

脳科学的に約20分かかると言われています。

それは、ほんの些細なことで、

すぐ集中が途絶えます。

 

ちょっとメールの音が鳴った。

スタッフから声をかけられた。

着信音が鳴った。

 

などなど・・・・。

 

そういった些細なことや、

スタッフが声をかけてくること、

Eメールや電話などなど、、、、

 

あなたの時間を奪うものを、

「タイムバンバイア」

と世界一の億万長者メーカーと

呼ばれるダン・ケネディは呼んでいる。

 

これをはじめ聞いたときは衝撃でした。

でも、その通りなのです。

 

あなたもよく知っている、

タイムバンバイアを一人紹介しましょう^^

 

それは、「ミスター些細」と言うタイムバンパイアです。

先だって、雇っているパートさんが、体調を壊して休みました。

 

まあ、それだけなら仕方ありませんが、

「お役に立てなくて、すいません。今度の働き方について相談したく、メールしました。」

と言うメールがありました。

 

すっごい嫌ですよ。雇用者からしてみたら。

 

お前、間違いなく辞めるでしょ!!

 

って感じです。

 

しかも、その後の集中力、

めちゃめちゃ下がります。

 

休みまくっていて、

役に立たない自分が嫌になって辞める。

超「ミスター些細」です。

 

でも、こういった人たちが、

会社の生産性を落とし、社長に頼ろうとして、

会社の成長まで鈍化させるのです。

 

このことを知っておかなければいけません。

 

そして、起業家としての、

社長としての働き方を知らなくてはいけません。

 

ちなみに自分は、

人生が変わったきっかけが3つあります。

そのうちの一つが、この本との出会いです。

「屁理屈なし 社長のための時間の使い方」

 

この本は、正直劇薬です。

でも、すさまじい処方箋でもあります。

僕が自由になる大きなきっかけをつくった本です。

 

ヒトに苦労したことのある起業家、

社長さんなら皆わかるでしょう。

そして、驚くことに、

アメリカきってのトップコンサルタントである

ダンケネディ自身が実践している内容です

(なんと1日の報酬が300万を超えるとか・・・・)。

 

加藤さんの次世代起業家育成セミナーで成果を出していたときに、

この本を読みました。

実践したところ、僕の自由な時間が加速しました。

 

そして、社員が自ら考えるようになっていきました。

 

今や週休4日・・・^^

(この記事を書き直している平成30年1月10日はもっと休んでいます。)

(なぜって僕はまだ今年に入ってから出社していません)

 

はじめから、知ってたら本当によかったよ・・・・。

つくづくそう思います。

それが時間のマインドセットです。

はじめの頃にも触れましたが、

会社の仕組みに起業家や、社長が入らないことが大切です。

 

仕組みに入ることで、

短期的には売上をあげるかもしれません。

 

ですが、長い目で見て、

会社の成長や、あなたの自由を奪います。

起業家が陥る大きな病にかかってしまいます。

 

はじめから知っておいてください。

この3つのマインドセットを。

 

マインドセットを学んだ先

 

よく起業を成功させるためには、

マインドセット7割、知識3割といいます。

 

今日は主にそのマインドセットについて

お話をしてきました。

 

このマインドセットを無意識レベルで

使いこなせるようになるには、

最低でも7回はリピートしなくてはいけません。

 

そして文字情報だけでなく、

成功者の音声を聞くことで、

思考の流れが成功者と同一のものになっていきます。

参考記事:成功者の思考の流れを作る

 

では、それ以外の知識は何を

学べばいいのでしょうか。

 

学ぶ内容について

最後に明らかにしてこの記事を

終わりたいと思います。

 

下の図を見てください。

これは戦略ピラミッドと言います。

加藤 将太さんが提唱しているものです。

戦略ピラミッド

この戦略ピラミッドですが、

「下は上に従う」

というルールがあります。

 

なぜこの図を出したのかというと、

起業家の思考を知るためです。

 

起業家はミッション(使命)というメガネを通じて、

未来を予測します(ビジョン)。

 

そしてそのビジョンに則って、

戦略(ビジネスモデルとマーケティング)を立案します。

戦略は普遍的なもので、

あなたの資源(リソース)を適正に配分するものです。

 

そして戦略が立ったら、

実行段階である戦術(自動化したシステム+ノウハウ)を立案します。

戦術は、戦略で配分した資源を実際に活用する段階です。

世の中にあるノウハウは戦術と同義です。

戦略が普遍的なものに対して、

戦術は場所や時代が変われば通用しないものです。

 

最後に、実際に実行します。

実行する際に、必要に応じてマネジメントが入り、

実行するためのマニュアルが完備されます。

 

起業家がビジネスを組み立てる思考の形が

この戦略ピラミッドなのです。

 

あなたが起業について学ぶときに、

ミッション・戦略・戦術・実行について学んでいくのです。

 

僕のこのブログでも

それぞれの段階について記事を書いていきます。

それを学んでみてください。

 

そしてより確実に起業を成功させたいのなら、

加藤将太さんのコンテンツもオススメです。

 

まとめ

 

この記事では、あなたが起業するまえに身につけておくべき

心構え、マインドセットについてご案内しました。

 

そして、起業のために勉強すべき内容の概要について

お話ししました。

 

起業の成功は7割マインドセット、

3割知識とよく言われます。

 

まずはマインドセットが大切です。

 

マインドセットを無意識に

使いこなせるようになるためには、

文章を繰り返し読むことも大切ですが、

音声や動画が適しています。

 

人間は1日で74%もの記憶を失います。

そのため、少なくとも7回はリピートしないといけません。

 

潜在意識に落とし込むときは、

できれば20回以上リピートすべきです。

 

退屈かもしれませんが、

超効果的です。

 

僕は起業後にはじめてそれを行いましたが、

実際にとても有効でした。

稼げる額が大きく変わりました。

 

起業前のあなたにはぜひ行って欲しいです。

 

もしオススメの教材をあなたにご紹介するなら、

加藤将太さんのコンテンツをオススメします。

 

無料だけでも成功可能レベルの知識と内容です。

ですが、可能であれば、有料クラス。

月2万円のプレミアムメンバーシップに参加して欲しい。

 

確実にあなたの起業を成功させる仕組みが

あなたを待っていますから。

僕もそのおかげで大きくなれたから。

まずは無料範囲をみてご判断してくださいね!


この記事の内容や、

あなたの起業のお困りごとなどありましたら、

お気軽にお問い合わせくださいね!

 

今日は起業前に向けて知っておくたった3つのここがけ、

についてお話しさせていただきました。

 

 

 

追伸

 

起業する前にオススメの学習素材を3つご紹介します。

①ダンケネディの「屁理屈なし 社長のための時間の使い方」

②マイケルマスターソンの「大富豪の起業術」

③加藤将太さんの次世代起業家育成セミナー

 

それぞれが、あなたの起業を成功させるエッセンスが

詰め込まれています。

 

もしよかったらどうぞ^^

トップへ戻る