From:森山 宙

ときどき、どんな本を読んだらいいですか?

と言われます。

忙しいとなかなか読書ができないという悩みも聞きます。

どの本もすごくいい本ばかりです。

意外と選別してご紹介しようと思うと悩むものです。

 

そのかたの理解度合いにもよりますし^^

 

世の中には、

「本から学ぶことはない。」

「具体的なことは載せないから。」

なんて言っている人もいます。

 

もちろん自分自身で、

本に書かれている意味を読み解く

必要はあります。

 

ですが、多くの有名な起業家は

超がつくほどの読書家です。

 

そういう方は、起業家として長く頂点にいます。

 

ぜひ読書習慣をつけていきましょう!

(とはいえ森山も読書があまりできていない^^;書きながらちょっと反省中!)

 

ここでは起業する前に読んでおくべき

マーケティングも学べる本をあげますね^^

きっと明日からの方向性がわかると思います。

 

起業とそのあとに歩む道がわかる本

まずは起業と、

そのあとのイメージを作るために必須の本を挙げます。

 

分厚くて、いきなり読むのが大変そうな本ですが、

深く読めば読むほどすごい本です。

 

あのダイレクト出版の小川さんも、

原書をボロボロになっても

さらに読み込んでいるという噂の本ですね^^

 

起業前に必ず読んでみてください!

今わからなくても、「なるほど!」と各ステージ毎に納得する瞬間があるはずです。

 

それがこの本。

マイケルマスターソンの「大富豪の起業術」
矢印下矢印下矢印下
大富豪の起業術

この本のすごいところは、起業するとき、事業が発展たとき。

各ステージ毎に課題になる点を明らかにしてくれているところ。

 

その課題を乗り切ることで、次のステージに上がれること。

そこを示してくれています。

 

そして何よりここで学ぶべきは

OSS(最適販売戦略)についてでしょう。

 

その細かい内容は、ぜひ書籍の中で読んでみてくださいね!

ご興味があれば、こちらをクリックしてくださいね!
矢印下矢印下矢印下

大富豪の起業術

お金について学ぶならこの本

起業家にとってお金についてのマインドを高めることは必須です。

お金を稼ぐことに潜在的な罪悪感を持つ方が多いです。

 

実は森山も以前はそうでした。

 

そのマインドを変えないと、幸せなお金もちにはなれません。

 

お金の使いかた、考え方を学ぶにはこの本。

今やバイブル的な存在になりましたね^^
矢印下矢印下矢印下

 

起業家としてのタイムマネジメント、仕事術を学ぶならこれ

 

起業家としてのタイムマネジメントや仕事術を学ぶならこれが大切です。

正直、好き嫌いがはっきりすると思います。

それだけ痛い現実を鋭く指摘します。

 

ダンケネディらしい、本質をズバッとつく本ですね。

 

ここに書いてあることを、勇気をもって実践すれば、あなたの人生が変わります。

森山の人生も大きく変わりました。

 

 

時間の使い方だけでなく、時間を奪うあらゆるものに対する姿勢。

アメリカ人ならではですが、今の日本には必要かもしれません。

 

起業まえに一読してみてください。
矢印下矢印下矢印下

屁理屈なし社長のための時間の使い方

 

小さな会社が作るべき仕組みの大枠がわかる本

 

北岡さんファンの僕としては、

やはりこの本が外せません。

 

小さな会社が導入すべき仕組みが

簡単に書いてあります。

 

中小企業専門のコンサルタントで、

成功率94%くらいの実績を持つスゴイ人です。

 

このかたも、ダンケネディと同じく、

痛い現実をしっかりと見せてくれます。

 

それだけに、しっかりと

現実をみさせて成長させてくれる。

 

そんな方です。

 

難しい本は苦手。
基本の形を知りたい。

 

そういう方はこの本を読んでみてくださいね!
矢印下矢印下矢印下

 

値決めは経営。価格設定について学びたければこの本!

 

値決めは経営。

誰の言葉だったか・・・・。

 

これは正しいです。

中小企業が苦しむ原因のトップは、単価が安いことです。

 

中小企業は、絶対安売りをしてはいけません。

あなたの商品に自信があればあるほど、値下げは厳禁です。

 

なぜか?

 

安売りは、規模と体力のある大企業が行うものです。

 

よくある嘘を明らかにしておきますね。

・中小企業は、大企業と違って広告宣伝費がかからないから安い。

 

大嘘です。(一部の例外を除き)

 

規模と体力のない、中小企業が値段競争することは、死を意味します。

 

もし大手が値段競争に参加してきたら・・・・。

 

ちょっとだけ大手より安い価格を売りにしていたあなたの会社は、すぐに負けてしまいます。

 

でも、値段上げたらお客さんがいなくなる・・・・。

 

そうならないためにも、値決めについて学びましょう。

 

ここでは3冊をご紹介します。

値決めは奥が深い。これだけ読めば結構十分かな。

難しい本を読みたくなければ、なるべく単価をあげる。

ということを覚えておいてください。

でも必ず、設定価格の10倍の価値を届けられるように意識してください。

そうじゃないと、巷の詐欺商材を同じになってしまいますから^^

 

1冊目はやっぱり、ダンケネディの本。

 

独特の切り口で、痛いところをしっかり指摘してくれます。

まあ日本人ではありえない。

さすがレネゲイドミリオネア(非常識な成功者)ですね^^

あっ、ちなみに森山はダイレクト出版の上位0.7%のVIP会員です。

ダンケネディファンなのは許してくださいね^^

 

読み込んでます^^
矢印下矢印下矢印下

世界一ずる賢い価格戦略

そしてさらにこの1冊。

読みやすいうえに、マーケティングプロセスまでわかる本。

さらに理解が深まります。
矢印下矢印下矢印下

最後はこちら。

日本の事例なので読みやすいと思います。

セットで読むとちょうど偏りなくいい判断ができると思いますよ!
矢印下矢印下矢印下

 

経営者としての心得ならこれ!

 

経営者としての心得ならこれ!

どこか間違っていることが多い、日本の美学をくつがえすための本。

ダンケネディが、あなたの誤った常識を打ち崩します。
矢印下矢印下矢印下

 

賛否両論だけれど、やはり読むべき良書。

日本一のマーケッター神田昌典さんの渾身の作
矢印下矢印下矢印下

 

おまけ:難しいことは何にも書いていない。起業家の指針

 

おまけです。

起業家の指針として最適な本です。

 

全く難しいことが書いていない。

でもシンプルだから頭に入りやすい。

 

ダンケネディの概念を広く抑えた良書。

起業家としてすすむ指針としてオススメです。
矢印下矢印下矢印下

 

まとめ

 

ここまで読んでくれたあなたには、もうよくわかったと思います。

森山は難しい本が嫌いです。

 

しかも難しいことをする人も嫌いです。

 

知っているかたで、難しいことを知っている。

それをやたら自慢する人がいます。

 

僕はあまり好きじゃありません。

結構そういう人って、やたらに目立つことも好きです。

 

無意味に派手なことをして、自分をブランディングする。

 

好きでやってたらいいんだけど、

孔雀のように着飾って、変なブランディングをする。

 

それが難しいマーケティングだったら嫌だなぁ。

そんな思いに駆られることが多いです。

 

本質を突き詰めれば、物事はシンプルになる。

スティーブジョブズの言葉をちょっと変えて引用してみました。

 

マーケティングも難しいことを削ぎ落としていくと、

中身はシンプルです。

 

たくさん勉強していきましょう!

僕もまだまだ勉強中。

でもすればするほど、物事はシンプルになる。

 

あなたはどんな起業家になりたいですか??

 

僕は派手に着飾るより、自分らしく楽しい。

世の中がシンプルに見える。

 

そんな人でありたいな。

 

だからいろんな本も読んで、いろんな学びも得ます。

 

追伸

 

最後におまけです。

僕が好きな起業家のご紹介をしておきますね^^

 

ちょいちょいブログの中でもご紹介しています。

彼に勝る起業家を、僕は知りません。

 

そして僕の人生を大きく変えた人・・・・。

 

IQ148以上の人(上位2%)しか入れないMENSAの会員であり、

京大MBAも持っている。

 

20万円の元手で、1年で億を稼ぎ、今も成長を続けている。

 

稼ぐだけでなく、人間力がすごい!

使命は「教育」。そのために経営している。

 

すごすぎます!

 

そして彼のコンテンツがやばすぎる・・・。

 

今なら期間限定で、無料!

あり得ない。

僕もいろんなコンテンツ見てきましたが、かなわない。

 

リアルでもネットでも一度は学ぶべきだと思います!

14時間を超えるセミナー。

しかもリスクなく起業することにポイントをおいたすごいセミナー・・・。

圧巻です。

ぜひこちらをどうぞ!
矢印下矢印下矢印下
次世代起業家育成セミナーのご紹介

もしかしたら若干むずかしく感じるかもしれません。

その時はお気軽に質問してくださいね。

 

わかるところはお答えさせていただきますので^^

このセミナーであなたの人生が変わること請け合いです!
矢印下矢印下矢印下