From:森山 宙

あなたが起業して成功したいと思ったら、あなたの目標を考えなくてはいけません。
すごく当たり前のようで、間違えて目標設定をしてしまう人がほとんどです。

目標設定が誤っていたらどうなると思いますか?

例えば北海道にいこうと思っているのに、沖縄の方に向かってしまう。
そんなことも起こりえます。不思議ですが、うまくいかない人ほどそうなりやすいです。
今日はそんな目標設定についてお話ししていきたいと思います。

目標へ向かっていこう

5年後の未来を考えると、今なすべきことが見えてくる

あなたは5年後の自分の姿を考えたことはありますか?
もしあなたがほとんど考えていないようでしたら、ぜひこの機会に考えてみてください。

ではなぜ5年後を考えなくてはいけないのか?

結論はシンプルです。
5年後を考えることで、今すべきことが見えてきます。

例えばこんな例をあげてみましょう。
5年後に10億の売り上げをあげる会社にするという目標を設定したとします。

10億を1年で売り上げるとしたら、1日33万円を売り上げなくてはいけません。
それではその過程を考えた時に、1年目に1億を売り上げる会社にしないと5年で10億稼ぐ企業をつくるのは難しいという逆算ができるかもしれません。
ビジネス開始1年で1億稼ぐ。そうとう上手くビジネスを行わないと難しい数字ですね^^

それではそれを達成するためには今日どうしたらいいか。

そう。勘のいいあなたならわかったと思います。
「今日なすべきことをするために、5年後を考えたのです。」

もう一度確認しましょう。

「今日しなければいけないことが分かるから、未来を考えたのです。」

未来を見ることで、今が見えるようになります。
ビジネスをはじめて、すぐに忘れてしまうのがこのことです。

少し例をあげてみましょう。

【5年後からの逆算で、今の問題を判断し、解決する!ー例題】

下記の問題、あなたならどう対処しますか?

社員同士の連絡が上手くいっていない。
そこについて社長のあなたはどのように関わっていくか。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
色んな答えが考えられると思います。

こういう問題って、社員を使ったらかならず起きます。
そしてその解決のために、社長のあなたに大きな労力とストレスがかかることも多いです。

ではこの時の答えはどのようなものが考えられるでしょうか?

ここで大切なのは、かならず一つの問いをあなたの胸に問いかけることです。

「この問題を解決することが、僕が10億円稼ぐ会社を作ることとどのような関係があるだろうか?」

深く考えてから行動してください。
ここでは2つの解答ケースを挙げてみます。

【この問題を解決することは5年後の目標を達成するために、必要と判断したとき】

この時の答えが、この紛争が解決できなければ10億稼げない、売上に直結する問題だったとき。
社長のあなたの仕事は率先してその問題を解決することにあるでしょう。
そのような時は、組織の内部崩壊が起きるときです。

でもそのようなことは、想定しなくていいことがほとんどです。

もう一つの解答例をみてみましょう

【この問題解決は、目標達成のためには不要だと判断したとき】

先ほどの問いかけ。

「この問題を解決することが、僕が10億円稼ぐ会社を作ることとどのような関係があるだろうか?」

この答えが、この問題を解決しても10億稼ぐことと全く関係ない。
と判断したら、社長のあなたの仕事ではありません。

無視してください。
その問題を解決している暇があったら、あなたは売り上げをあげる生産的な活動をすべきです。

冷たいようですが、これが本質なのです。
98%の問題は解決しなくていいのです。

【解決しようとするから苦しくなる】

解決しようとするから、社長の仕事は苦しくなるのです。

ではなぜそのような間違えを皆がするのでしょうか??

それは世の中にある、聖人のような起業家たちのストーリーが邪魔をします。
昔の古き良き時代の経営者たち。
仁徳にあついイメージがありますよね。

あれ、絶対ウソです。

だって昔の人って、100%ブラック企業とブラックな働きかたしてたでしょ??

そんな美化された情報に惑わされていたら、あなたの時間も心も体力も全て奪われてしまいますよ^^

ここから社長の仕事の心得が見えてきます

社長のあなたがする仕事は実はたったの2つ

社長のあなたの仕事はたった2つです。
「マーケティング」そして「給料を払う」

マネジメント(組織管理)は状況によってすべきですが、ほとんどすべきではありません。
むしろ細かい問題にあなたが関わることで、社員が育つ機会を奪ってしまうのです。

森山自身の例を挙げてみましょう。

森山はこの社長の境地に至るまで、自ら問題解決に取り組んできました。
社員からは頼られていましたが、売り上げをあげる作業になかなか手がついていませんでした。

あるとき、思いきって社員からの連絡を遮断し、一番大切な売り上げをあげる仕事に集中しました。

はじめは社員の反発もありました。
ですが、今はほぼ全てを社員自ら解決してくれています。

乱暴な手段ですが、社員自ら育ってくれたのです。
そしてさらにおまけがつきました。

離職率がガクンと下がったのです!

そう、働きやすくなったんですね。
自分で問題を解決できる。
自分の頭で行動できる。

必要なのは委任です。
でも起業したら分かると思いますが、任せるには勇気が必要です。

社長のあなたの方が仕事は確実にできます。
だってあなたが創ったわけですから(笑)

でも30点でいいんですよ。
そこから育ちます。

あなたもはじめは30点だったんですから。

まとめ

今日は5年後の目標を考えることで、今がわかるというお話を実例を交えてしました。

そして社長の仕事が実はたった2つだったということをご案内しました。
「マーケティング」と「給与の支払い」でしたね^^

もしあなたが一人でビジネスを行うのであっても、この観点は大切です。
あなた自身に給与を支払いますからね(笑)

ですが、森山はあなたには多くの社員を雇用する、ビッグな社長さんになってほしいのです。

ビジネスは価値の提供です。
あなたが大きなビジネスをしてくれることは、社会に大きな貢献をしていることです。

そんな起業家がたくさん日本に生まれてほしい。

だから森山は自分の経験とノウハウをこのブログにアップしていきます。
おそらくかなり最先端の情報が多いと思いますよ^^

今をときめくあの企業たちが実際に行なっているノウハウにも触れていますから。

ではまた。次回もあなたをビッグな起業家にするための情報を提供していきますね!

 

 

【追伸】

同じ目標で、たくさんの起業家とたくさんの幸せな人を

増やしているのが、加藤将太さん。

起業で成功したいなら、加藤さんのコンテンツをみてくださいね!

起業家の僕でもおすすめだわ〜〜〜